« 大九州うまいもの | トップページ | テレビがプツリ »

プロット

雑誌の読み切りのプロットに少し悩んでいた。
うまく転がらないんだよな。
何かが足りない感じ。
それがわからない。
で、奥さんにこんなキャラで、こんな話をやりたいんだけど。と話をして、客観的にどう感じるか訊いてみた。
いろいろな所をつっこんできてくれた。
あ〜、そこが弱いのか、とかうまくつながってないのか、とか気づかされるわけだ。
で、それをこう直して、こんなふうにして、と組直してみると。
あれまあ、知らないうちにプロットが出来上がってたよ。
一人でぐるぐるしてるより、他の人とキャッチボールする方が、何か出て来る確率が高いよね。
とりあえず、口頭で作ったプロットを忘れないうちに紙に書き写した。
これは面白いぞ。
いつもプロットあたりでは面白いと思ってるんだ。
この面白さがなぜかじょじょに削られて行ってしまうから不思議なんだよなあ。
完成原稿になると始めの思い付きの十分の一以下になってしまう気がする。なぜだろう〜。
今回は面白さを持続させるぞ〜。
次はプロットからシナリオを作るのだー。

|

« 大九州うまいもの | トップページ | テレビがプツリ »

マンガの仕事」カテゴリの記事