« ホワイト終わり | トップページ | トーンはりが進まない »

オレのバクマン、その3

3回めの連載。変幻戦忍アスカ。 これも2回は編集会議でボツになってるなあ。 1回めは、撫子(なでしこ)七変化ってタイトルで、忍者物。 撫子が黄金のかんざしを代々受け継いでいるくのいちで。 はて、内容は思い出せないぞ。(汗) 変身してバトルスタイルになってかんざしを守って戦うみたいな話だったかな。 これがボツになった。 2回めは、封印の墓守りの一族がいた。 陰陽忍術をつかう忍者で、兄は天才忍者で、妹は落ちこぼれだった。 ある日、墓があばかれて、藤原千方という封印されてた男の首が甦る。 その時兄はやられて、肉体を奪われ、魂は家に伝わる家宝の鏡の中に入った。 妹は甦った首を封印するために、首をあがめる化物忍者軍団と戦わなければならなくなり。 兄の魂が術を使って、妹のアーマーになり、妹の精神力を上げ、忍術を強化、妹の肉体をも変化させてスーパーくのいちにする。 妹は何分間だけそのスーパーくのいちになれて、戦うみたいな話。 これもまたまた、わからないと言われた。 なぜわからない? わかりやすく直した。 変幻戦忍アスカが連載会議を通り、連載になった。 でも、やっぱりやりたい事とは違う方に流されてしまったよ。 …つづく…。

|

« ホワイト終わり | トップページ | トーンはりが進まない »

マンガの仕事」カテゴリの記事