« 競馬中継 | トップページ | 行く手を遮る »

オレらしさ

オレらしさって何だろう。
いつもわからないと言われ、わからせなきゃいけないんだって思っていた。
オレらしさを消して消して、誰が読んでもわかるようにと考えて話を作っていた。
それがどうだ。
つまらない、どこにでもある、誰が書いたかわからない物しか作れなくなっていた。
こういう話にしなくちゃいけないと思い込んで、自分が面白いと思う事を全て削って、無くしていた。
それじゃダメじゃん。
気が付いた。
誰もがわからないと言ったっていいじゃないか。
オレが書きたい物を書くんだ。
オレらしさを見つけ出して、オレらしい物を作るんだ。
今、世間の人がオレらしいと思ってるオレは、100パーセントオレじゃない。
断言する。
オレは今までオレらしさを1回も外に出していない。
オレの事を知ってるのは、オレだけだ。
まだ、どうやればオレらしさが出るのか、わからない。
なんとか、オレらしさを書けるようにしたいな。
いや、する。
してやる。
誰もがわからないと言ったっていい。
もう、自分のためにひとつ、物語を書く時が来たんだ。

|

« 競馬中継 | トップページ | 行く手を遮る »

マンガの仕事」カテゴリの記事