« 原稿売りたし2 | トップページ | プロット »

キャラ設定

ケータイコミックの第2シリーズのキャラクター設定をした。
男一人と女四人。女のうちの一人は前のシリーズからの連投だから、実質新しく作った女のキャラは三人。
でも前とはもう絵が変わってしまったから、キャラ設定をしなおした。
で、五人キャラ設定をした。
モデルにする人を決めて、模写しながらディフォルメしていく。
キャラ設定からさらに書いていって、やっとキャラが固まる頃には終わり、みたいなパターンが多いんだよな。
だから、本当に設定は設定なんだ。
本当にキャラが決まるのは書き慣れてくるまで待たなくちゃいけないんだよなあ。
書き始めはいつも、てこずる。
書きやすいキャラってないしなあ。
ていうか、今全く絵が書きたくない。
うんざりしてる。
だから、絵が書けないし。
なんで嫌いなものを書かなきゃいけないのか。
ジレンマ。
好きな事だけやって生きている人がうらやましい。
誰かさんは親から9億円ももらっているしなあ。
そんなふうになりたいものだよ。

|

« 原稿売りたし2 | トップページ | プロット »

マンガの仕事」カテゴリの記事