« 懐かしい | トップページ | 読書 »

面白いって

面白いまんがってなんだろう。
今あるまんがで、面白いと思う物がほとんどない。
つまらない。
面白いってどういう物なんだろう。
さっぱりわからない。
オレは、昔から自分で面白いと思うネームを作ると、編集部からはわからない。と言われてきた。
わかるようにしろ、普通の人にしろ、しまいには名前まで普通にしろと言われてきた。
今でも言われる。
何がわからないのかわからない。
普通にして何が面白いのか?
それでも本に載らないとお金にならないから、言われた通りに直して直して直しまくって。
ちっとも面白くないまんがが出来上がって、連載になった。
書いているオレが面白くない、つまらないのに、面白いまんがが出来るわけがない。
過去のオレのまんがはほとんどそんな物ばかりだ。
全部やりたい物ではなかった。
全部つまらないやりたくない物になりさがってしまった。
しかも絵は下手くそだし、気持ち悪くて気持ち悪くてたまらない。
昔の絵なんか大嫌いだ。
だから、なんとか気に入る絵にしようとあがいたけど、ちっとも気に入った絵が書けないまま今に至っている。
よく昔の絵がいいって言う人がいるけど、書いているオレが大嫌いな絵なんだよな。
嫌いなものをいいと言われても、どうしていいかわからない。
そんなにいいか?
わからない。
少なくともオレは嫌いな絵だから、二度と見たくない。
タイムマシンがあったら、過去に行って、全部やりなおしたい。
なぜ人は過去に戻れないのだろう。
やり直せないのだろう。
1度や2度の失敗は何でもない、とよく言うけど。
そんな事はない。
人は1度でも失敗したら、それですべてを計ってダメの烙印を押したがる。
チャンスは何度もない。
もう、嫌というくらいそれをあじわった。
他人には、本人の気持ちなんか到底わからない。
わかるはずもない。
面白くない物ばかり書かされたと思う時点で、ダメなんだけど。
書いてきた物が面白くないのは自分が一番わかっているんだ。
それだけに、嫌だ。
今何が面白いのかわからない。
まんがなんかつまらない。
書く気も起きない。
何をどうしたらいいのか、さっぱりわからない。
ただ、小説を書くのは面白いと思っている。
ネタもアイディアも面白いと思っている。
まんがにしたらつまらない物にしかならないというのもわかっている。
とりあえず、小説を書いてみようと思う。
その時間が取れるかな。
やらなきゃいけない仕事があるから。
それをやらなきゃいけない。
エロなんかやりたくない。
やってるから、好きなんじゃないかと思われるけど、大きな間違いだ。
仕事だから、嫌いだし、まったくわからないのに、書かざるをえない。
何が面白いのか?
オレにはさっぱりわからない。
しかも普通にして欲しいと言われるんだから。
なんとか面白くなるように努力しているんだけど。
もともとエロなんか嫌いだし、理解もできない。面白いと思った事は一度もない。
そんな水と油みたいな、天敵みたいな物をやれと言われてもわからないだけだ。
誰もがエロを好きに違いないと思ってる人が多いけど、嫌いな人間だっているということをわかって欲しいなあ。
なぜオレは嫌いなものを仕事でやらなきゃいけないんだろう。
悲しいし、うんざりだ。
もう、4年以上前から心療内科に通ってるし、薬も飲み続けている。
嫌な仕事をしていると、体も心もガタガタになる。
なんとかしたいのだが、なんともならない。
いい仕事を誰かが持って来てくれればいいんだけど。
来るのはエロばかり。
何の修行だよ、って感じだ。
何でこんな運命なんだろうなあ。

|

« 懐かしい | トップページ | 読書 »

マンガの仕事」カテゴリの記事