« コマ割り | トップページ | 色付け終わり »

4色原稿

ケータイコミックの第2シリーズの1回めは、扉が4色になる。
というわけで、1ページめの4色の下絵を書いて、一晩寝かせた。
1日あけて見ると、デッサンの狂いがよくわかる。
で、部分的に直す。
どう直しても、気にいった絵にならない。
こうじゃない、と直すんだけど、思ったように書けない。
がっかり。
仕方がないから、ペン入れをして、消しゴムをかける。
と、さらにイメージと違う絵が出て来た。
全体的におかしい。
で、ホワイトで修正して直していく。
どう直しても、おかしいのは直らない。
がっかり。がっかり。
なんで思ったとおりに書けないのだろう。
原稿に向かって、ペンを入れようとすると、目の焦点が合わなくて、よく見えないし。
度の弱い眼鏡に代えてなんとか見える感じ。
おかしいなあ。
なんでうまく目が見えないのだろう。
困ったものだ。

|

« コマ割り | トップページ | 色付け終わり »

マンガの仕事」カテゴリの記事