« 怖い | トップページ | ペン入れ頑張った »

小説の長さ

毎日少しずつ、仕事の後に小説の下書きをしている。
内容的には、半分を越えたかなというところだ。
しかし、分量を考えると、かなり長くなってしまったみたいだ。
下書きだから、まだ少し減らせるだろうけど。
この調子だと、賞の規定枚数を軽くオーバーするよ。
やばし。
でも、書きたい事を書いてみるとこの長さになるんだから、仕方ないか。
とりあえず最後まで書いて、削れるだけ削って、何枚になるか。だね。
うまくまとまればいいんだけどなあ。
まずは最後まで書くだけだね。

|

« 怖い | トップページ | ペン入れ頑張った »

小説」カテゴリの記事