« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

清書

小説の清書を始めた。
投稿用の小説だ。
あらすじを書いて、やっと本編の清書に取り掛かった。
1日に8枚から10枚書かないといけない。
ノルマがある。
去年もこの時期、投稿用の小説を書いていたっけなあ。
去年はだめだった。
なかなか難しいんだよなあ。
今年はどうだろうか。
まずは完成させなくちゃな。
毎日こつこつと書いていかなくちゃ終らない。
まるで修行みたいだな。
仕事しながらだから、なおの事大変だったり。
でも頑張ろう。
賞を夢見て。

|

絵コンテ作り

ケータイコミックの「あの娘(こ)にいたずら○恥(まるち)操作」の第2シリーズ、第2回めの作業に取り掛かった。
第2回めは、3話と4話だ。
32ページで16ページずつの2話構成だ。
シナリオを上げて、それを絵コンテにしていく。
やはりいつものごとく、シナリオが長くなっている。
絵コンテにしながら、カットしていく。
なかなか頭を使う。
頭がヘトヘトになって、甘いものが欲しくなる。
2日かけて、16ページずつ、32ページ分の絵コンテを作った。
まだ、絵コンテだから同じ大きさのコマがズラリと並んでるだけだけど。
これからページ割りとプチネームをやるんだ。
どうページの中に入れ込むか、また頭を使うんだよなあ。
今絵コンテが終わったばかりだから、少し寝かせて、客観的に見なくちゃな。
とりあえず、一休み。一休み。
この間に、投稿用の小説を書くのだ。
清書に取り掛かったから、ぐいぐい書いていかなくちゃ。
手書きだから結構大変なんだ。
早くパソコンで書けるようになりたいなあ。
まだわからないところがあったり。
勉強する時間が欲しいなあ。

|

確定申告

税務署に行って確定申告書を提出してきた。
1月、2月と暇をみつけて、計算してきたのが、やっと終わった。
春の一仕事がやっと終わった。
いつもこの季節は大変なんだよな。
仕事しながら、計算して書類書いてだもんな。
でも、やっと終わった〜。
肩の荷が降りたよ。

|

まぐろ丼

池袋の東武デパートでの大鹿児島展に行ってきた。
お目当ては黒まぐろ丼。
うまかった〜。
赤身、中トロ、大トロと入っていて、とても贅沢な一杯だ。
中トロが脂が乗っていて、それでいてしつこくなく、とてもおいしかった。
そのまぐろ丼には、まぐろとみそをあえたみそが付いてきて、ご飯にとても良く合って、とてもおいしかった。
やはりまぐろは美味いなあ。
大好物のひとつだよ。
満足満足なり。

|

クリスタルジャパン

カーリングのクリスタルジャパン、頑張ったね。
お疲れ様。
こんなに楽しくカーリングを見たのは初めてだった。
前のオリンピックの時より、のめりこんで見た。
もう全試合が終わってしまって、ちょっと寂しい。
カーリングはとても面白いから、オリンピックだけじゃなく、毎シーズン中継してくれればいいのになあ。
とにもかくにも、クリスタルジャパン、ありがとう。
そして、これからも頑張って。

|

歯が痛い

左の奥歯が痛い。
固い物を噛むと痛いのだ。
歯というより歯茎が痛いのかな。
柔らかい物は大丈夫なんだけどね。
なかなか不便だ。
まいった。
以前にも歯茎が痛くなったけど、まったく同じところが同じように痛い。
歯と歯の間に、食べ物のカスがつまって炎症を起こしてる、と言われたのと同じ。
デンタルフロスで毎食後掃除してるのになあ。
早く治って欲しい。

|

トーンはり終わり

ケータイコミックのトーンはりが終わった。
16ページ分のトーンはりを4日でやった。
まずまずかな。
一人でやっていると、ひとつの作業に、とてつもなく時間がかかってしまうような気がする。
実際、かかっているもんなあ。
もっと手が早ければいいのになあ。といつも思う。
ケータイコミックの仕事は、この後は、ベタもれ、ホワイトもれ、トーンもれのチェックをしながら、フキダシの中のネーム(せりふ)を書く。
それでひと通りの作業は終わりだ。
もう2日ほど早く終わらせる予定だったけど、途中雑誌の読み切りのネームをやってたからなあ。
2日延びで終わったのは早かったかな。
もっともっと仕事しなくちゃいけないな。
仕事よ、どんどんとやって来てくれ〜。

|

肩がコリコリ

右肩がすごく凝っている。
痛いくらいに固くなっている。
もんでもほぐれない。
外国には肩こりって概念がないらしい。
でも、そんな外国の人も日本に来ると肩こりになるという。
どういう事だろうね。
肩こりって日本にだけある病気なのかな。
なんかいい肩こりのほぐし方があればいいのになあ。
はあ。
それとは別なんだけど。
なんかついてない。
がっかりだよ。
ラッキーがどんどんやって来て欲しいなあ。

|

トーンはり

トーンはり2日め。
なかなか進まないなあ。
1ページのトーンをはるのに、2時間近くかかってしまう。
そんなにたくさんはってるわけでもないんだけど。
なかなか大変だ。
今半分を越えたあたり。
残り半分。はってはってはりまくる。
頑張って早く終わらせるぞい。

|

眠い

夕方に、眠くて眠くてたまらなくなって、ゴロリと横になった。
ふっと意識がなくなって。
眠っていた。
うたたねというより爆睡。
何回か目は覚ますんだけど、すぐに気を失ってしまう。
それの繰り返しで2時間ほど倒れていた。
今朝頑張って、トーンはりをやったから、疲れが出たのかもしれない。
でも早く原稿を上げたいから頑張らねば。

|

カーリング

夜中に、カーリングを見ながらホワイト修正をした。
いや、ホワイト修正をしながら、カーリングを見たかな。
面白いね。カーリング。
日本はおしかった〜。
後少しだった。
カーリングって、相当頭を使うんだね。
かけひきがすごく面白い。
なんとか頑張って、予選を突破して欲しいなあ。
ホワイトは、全部入れ終わった。
朝までかかってしまったけど、なんとか2晩で16ページ分のホワイトが入れられた。
ふう。
後はトーンはりだ。
予定より少し遅れてるから、頑張って取り返さなくては。

|

大鹿児島展

池袋の東武で大鹿児島展をやっている。
早速、出かけた。
お食事処で、鹿児島ラーメンを食べた。
豚とろラーメン。
おいしかった。
豚とろが、とろとろでめちゃうまかった。
麺は懐かしい味だった。
スープはさっぱりして飲みやすい。
いやあ、うまかった。
帰りにパンと、スイーツのスイートポテトを買った。
帰って来て、すぐにスイートポテトを食べた。
甘くて、薩摩芋の味がしっかりしていて、とってもおいしかった。
パンは夜食の楽しみだな。

|

ネームの直し

ネームの直しが終わった。
なんとか34ページにまとめた。
内容的には40ページくらいのものなんだけど。
切って、削って、なんとかまとめた。
いつもなら2日くらいかかるページ数を、一気に一晩でやった。
疲れた〜。
直しと言っても全直しだから、新しく作ったみたいな感じなんだ。
かなり面白いと思うから、掲載が決まって欲しいなあ。

|

ベタ終わり

ケータイコミックのベタ塗りが終わった。
ネームをやりながらだったから、少し時間がかかってしまったかな。
それに、つやベタの髪の毛の女の子がまんべんなく出てたからなあ。
次はホワイト修正だ。
今日はネームを優先してやろうと思う。
だから、ケータイコミックは一休み。
明日からホワイトだ。

|

絵コンテ

ネームの直しの絵コンテが終わった。
一応シナリオから作り直して、絵コンテを作り直した。
短く刈りこんだつもりだったけど、エピソードをカットしたわりには短くなってなかったような。
大きく3つのエピソードを切った。
出だしに新しくエピソードを付け足した。
これだけでも短くなってるはずなのに。
各エピソードをていねいに拾ってたら、延びてしまったみたいだ。
またネームにする時にカットしていかなくちゃいけない。
ページ割りで34ページにまとまるようにしなくちゃ。
短くするのは難しいんだよなあ。
本当に必要なものまでカットしちゃったりして。
延ばす方が楽なんだよ。
でもカットしなきゃいけないくらい長いのだから仕方ないな。

|

寒い

暖房をつけていても寒い。
なかなか部屋が暖まらない。
これはもしかして、と思って、エアコンのフィルターの掃除をした。
かなりほこりがついていた。
きれいに掃除機で吸い取った。
再び暖房をつけた。
多少暖かくなった。
ような気がする。
早く春になって欲しいなあ。

|

シンケンジャー全曲集

今年も恒例の全曲集が出た。
侍戦隊シンケンジャー全曲集。
侍歌祭に未収録の歌が目的で、ばっちりゲット。
聞いた。
全部いい歌なんだけど、「六人の侍」と、「青浪世直し」が特に良かった。
流ノ介の歌は特にお気に入り。
残念だったのは丈瑠が歌ってなかった事かな。
でも、大満足の二枚組だった。

|

背景アップ

ケータイコミックの原稿の、背景の下絵とペン入れが終わった。
今回は16ページを2日で上げた。
なかなかのペースだ。
まあ、そんなにすばらしい背景は書けないので、それなりにどこにいるか分かる程度の背景なんだけどね。
これから仕上げだ。
消しゴムは全部かけたから、ベタからだ。
というところで。
原作つきのまんがのネームの直しを進めていいよ、と電話があった。
一歩前進。
担当さんと打ち合わせ方向で直す事になった。
まずはシナリオから作り直して。
めざすは36ページ前後の読み切りの話だ。
うまくまとまるといいな。

|

打ち合わせ

原作付きのまんがのネームの打ち合わせをした。
とりあえず、原作者さんにネームを見てもらっている間に、こちらでも直すための案を出しておこうという事だ。
41ページのネームを34ページくらいに短くしよう、というところから打ち合わせを始めた。
内容はカットできるところはカットして、コマの整理。
で、入り口を変えて入りやすくする。
担当さんとふたりでいろいろな方向から短くする手を考えた。
後は原作者さんの意見待ち。
新しいいいアイディアがいただければ、それを受けてまた打ち合わせをする事にして、今日は終わった。
なかなかいい手応えがあるネームだから、頑張っていい物にするぞ。

|

人物の下絵ペン入れアップ

やっと、ケータイコミックの原稿の、17ページめから32ページめまでの後半部の人物の下絵とペン入れが終わった〜。
目標どおりになんとかできたかな。
途中に同時進行で、原作つきのまんがのネームをやったから、ペースとしたらいい方でしょう。
しかし、昔は月刊誌2つの連載をやってたんだよな〜。
半月で24ページずつだから、かなりハイペースだった。
ネームなんか2日くらいでやったり、1日にペン入れを10枚以上やったり、結構すごい事してたなあ。
よくできたよな。
絵がくずれたりしてたから、急ぐのも良くないんだけどね。
2年かかってやっと、おかしくなった絵が直ったところだ。
今はだいぶイメージに近い絵が書けるようになってきた。
これを維持しながら、早く書けるようにならなくちゃ。
仕事を増やさなきゃいけないから。
仕事を探して、あちこち持ち込みしなきゃと思っているんだけど。
まずは、原作つきのまんががどうなるか、によるんだ。
うまく掲載になって欲しいなあ。
天よ、我に力を。

|

確定申告の下書き

確定申告の下書きを始めた。
細かい計算は毎月していたから、それをまとめて、準備をして、取り掛かった。
経費計算の準備だけでも、毎日少しずつ1週間くらいかけてやった。
確定申告の添付書類だけでも3枚あって、細かく書かなきゃいけない。
とりあえず、下書きは終わらせた。
チェックして間違いがなければ清書だけど、まだ、もう少し待ってからの方が良さそうだから、これで一休み。
しかし、去年分の申告を見ていると、青くなる。
今年はもっと仕事をしなくちゃ。
しかし、仕事がしたくても、仕事をしてくれという依頼がない。
なんとかたくさん仕事ができるように頑張らねば。
もう、いつでも仕事募集中です。
まんが、まんが原作、小説、なんでも書きます。
仕事下さい。よろしく。

|

シンケンジャー

ついに最終回を迎えた。
侍戦隊シンケンジャー。
録画して、夜に見た。
さすがにリアルタイムでは見れなかった。
寝てたから。
で、最終回を見た。
きれいに終わったなあ。
いつもの年より、思い入れがあったから、これで終わりかと思うと、ちょっとさびしい。
来週からは、天装戦隊ゴセイジャーだ。
どんな話なのか、楽しみだな。
また1年楽しく見れればいいな。

|

二択

なぜだろう。
二者択一で必ず反対の方を選んでしまう。
はずれの方を選んでしまう。
がっかりだよ。
勘が悪いんだなあ。
二者択一くらい当たりの方を選びたいものだ。

|

片寄り

すごい片寄っていた。
新聞で見て唖然としてしまった。
今までにこんなに片寄った事はなかったんじゃないか?
ロト6の当選番号。
連続数字が2かたまり。
しかも30以上が5つ。
だめだ〜。
こんなの、当たらないよ。
ガックリ。
でも来週はキャリーオーバーだ。
狙っていこう。

|

二枚

頑張って、下絵とペン入れを2枚やった。
一晩で2枚。
結構疲れたけど、なんとかできた。
今までは一晩で1枚から1枚半がやっとだったから、かなり頑張った方だろう。
ていねいに、デッサンの狂いがないように、何度も何度も書き直しながらだから、時間がかかるわけで。
でも、意識して急いでみると、なんとかなるもんだな。
ペースを上げて作画ができればいいんだけど。
絵が乱れなければ、なお良しだ。

|

ネームアップ

読み切りのコンペに提出するネームがアップした。
早速、編集部にファックスした。
まだ第1稿だから、41ページになってしまった。
30から40ページの中でおさまらなかった。
残念。
でも楽しくネームができた。
やはり普通のまんがはネームやってて楽しいね。
ただ、すごく疲れたけど。
これを原稿にするのもかなり大変そうだ。
まずは、編集さんからどう直すかの連絡待ちだ。
この間に、ケータイコミックの原稿を進めるとしよう。

|

昨日は寒い寒いと思っていたら、雪が降った。
長野県の生まれのせいか、雪が降るとうれしくなる。
夜中に積もった雪を触りに外に出た。
雪玉を作って投げた。
誰も踏んでいない新雪を踏む。
なんか気持ちいいね。
しかし夜中に、窓の外で時たま、ドサーとか、ゴーンとか音がしていて。
何の音だかわからなかった。
少し不気味な音だった。

|

原稿渡し

ケータイコミックの原稿を渡した。
だいたい原稿を渡す日に限って、雨だったりする。
原稿を担当さんに渡して、担当さんが原稿をチェックして一言。
「ペン先変えました?」
ペンは変えてないけど、原稿用紙を変えたと答えた。
なんでもいつもとタッチが違うとの事。
いや、さすがだね。
ちょっとした違いがわかっちゃうんだ。
確かに、紙を変えたというか、いつもの愛用の原稿用紙がリニューアルして、紙質が変わったんだけど。
新しい紙は慣れてないせいか、少しひっかかったりして、書きずらかったんだ。
そのうち慣れるだろうけど。
ペンタッチでわかっちゃう担当さんの目に脱帽だった。

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »