« メビウスの映画 | トップページ | 晴れ間 »

怪奇体験

昨日の深夜から明け方にかけて、奥さんが体験した事なんだ。
オレが仕事をしていたら、奥さんがトイレに起きてきて、また寝に寝室に戻って行ってすぐくらい。
怖かった〜と奥さんが上の階から降りて来た。
どうしたの?と訊いたら。
「背中に誰かがピターと張り付いた」
と言った。
まだ眠りに落ちてなかったから夢じゃないと言った。
横を向いて寝てたら、誰かが背中に張り付いたらしい。
見に行ったけれど、何かいるような感じはなかった。
で、奥さんはまたふとんに入って眠る体勢に入った。
オレはまた仕事をしていた。
すぐに奥さんが降りて来た。
どうしたの?と訊いたら。
頭の中に変なイメージが入って来たと言う。
自分は病院のベッドの上にいて、医者が枕元で、わああああとわめいている。
それがとても怖い。と言った。
誰かの意識が入って来たみたいだと言う。
昼間奥さんは病院に行って来たから、その時何か拾って来てしまったのだろうか?
奥さんが病院から帰って来て、休んでいたら、階段や、上の階がぱきーんとか、ぴしぃとか鳴っていたらしい。
久しぶりに怖いめにあったと奥さんは言った。

|

« メビウスの映画 | トップページ | 晴れ間 »

不思議」カテゴリの記事